放っておくと怖~い根尖膿瘍(歯槽膿漏)とは?
  1. 犬や猫が歯周病になったら③放っておくと怖~い根尖膿瘍(歯槽膿漏)とは?

犬や猫のほおっておくと怖い根尖膿瘍とは?

根尖膿瘍とは

根尖膿瘍とは
出典:角田歯科医院

根尖膿瘍は中高齢の犬や猫に比較的多く見られる病気で、「根尖周囲膿瘍」「根尖周囲病巣」「歯槽膿漏」「歯根膿瘍」などとも呼ばれます。

歯は、表面に出ている「歯冠部」と歯茎の中に埋まっている「歯根部」からできていて、口を開けたときに目に見えているのは歯の全体のほんの一部です。これは犬や猫も人間も同じですが、この歯茎に埋まった歯根部の最下層の部分(根尖部)とその周辺が化膿して炎症を起こすと膿の袋(膿瘍)が形成されます。これが根尖膿瘍です。根尖膿瘍になると以下のような症状が表れます。

  • ご飯を食べるのを嫌がる
  • 固いモノを食べない
  • 片方でしか噛まない
  • 目の下が腫れている
  • 強い口臭がある
  • 元気がない
  • 目の下の皮膚から膿が出ている

上顎の歯が根尖膿瘍になった場合、その根元の炎症が悪化して頬を突き破って膿が出てくることがありますが、このような症状が出る段階になるとかなりの痛みを伴っているはず。犬や猫は痛みを訴えるすべがないので、こうなる前に私たち飼い主が異変に気づいてあげたいところです。

歯周病以外の原因も?

歯周病以外の原因も?

根尖膿瘍は歯周病が進行した段階に起こる状態の1つです。つまり、もとをたどれば歯垢や歯石が溜まったのを放置したのが原因ということですね。歯周ポケットにできた歯石や歯垢から繁殖した細菌が根尖部にまで達することでその周囲に炎症を起こし、膿瘍を作ってしまうということです。しかし、根尖膿瘍の原因はそれだけではありません。

歯磨きも毎日しっかりしていて、歯石はもちろん歯垢も溜まっていない真っ白で健康な歯のワンちゃんやネコちゃんでも、ある日固いモノを噛んでいて歯が割れたり欠けたりしたことが原因でそこから細菌が侵入し、根尖膿瘍になってしまうこともあります。犬や猫が大好きな、飼い主とのロープやタオルの引っ張り合いなども、度が過ぎると歯に大きなダメージを与えてしまうこともあります。また、ストレスによってあらゆるものを噛んでしまう癖から根尖膿瘍を引き起こすケースもあるようです。

根尖膿瘍は予防できるの?

ペットを根尖膿瘍にさせないために飼い主が注意できることは、まず歯周病にさせないこと。その点に注意しつつ、以下のポイントについて日々心がけてあげましょう。

  • ①定期的に歯磨きをして歯垢を溜めないようにする
  • ②骨や蹄のような固いおもちゃを与えないようにする
  • ③ストレスでモノを噛まないよう、毎日のしっかり運動をさせる
  • ④歯垢が付着しにくい食べ物を与える

上記の点に注意した上で、最も行うべきはスキンシップを欠かさないことでしょう。ペット(特に犬)にストレスを溜めさせないという点で役立つだけでなく、口臭や歯の色の変化、出血などの異変に飼い主が気づきやすいという点でもおすすめです。また、しっかりスキンシップをとって信頼関係を築いておくことで、歯磨きがしやすくなるというメリットもありますね。愛犬や愛猫が痛くて辛い思いをするだけでなく、その寿命まで縮めてしまいかねないこうした病気には、できるだけ早い段階でその徴候に気づくことが何よりの予防になります。

大切な犬猫の歯周病をケアしてくれるペット用ブリアン ラブリービーはこちら
ページのトップへ