歯周病になる!?その原因は?
  1. 犬や猫も歯周病になる!?その原因を徹底解明いたします。

犬や猫の歯周病の原因とは?

ワンちゃんやネコちゃんも歯周病になる原因

ワンちゃんやネコちゃんも歯周病になる原因

犬や猫の口の中は、人間とは酸性・アルカリ性の度合いが違います。アルカリ性の度合いを表すpH(ペーハー)で見てみると、人間が通常pH6.5〜7.0であるのに対し、犬はpH8.5〜9.0、猫はpH8.0〜9.0。犬や猫のほうがアルカリ性の度合いが高いことがわかりますね。虫歯は酸性の環境で進行するので、犬や猫が人間よりも虫歯になりにくいと言われるのも納得です。また、歯の形状の違いによって犬や猫は口の中で虫歯菌が繁殖しにくいとも言われています。

しかしだからと言って歯磨きをしなければ、食べカスが溜まって歯垢(プラーク)となり、やがて歯石になります。最終的には歯が抜け落ちてしまうほどの歯茎の炎症を引き起こす歯周病の最初の原因は、人間のそれと同じくこの歯垢(プラーク)です。

実際に3歳以上の犬や猫の7〜8割がかかっていると言われる歯周病ですが、その原因や仕組みは人間と同じでも、犬や猫ではその進行のしかたが異なります。

歯周病の進行と症状

まずは歯周病の進行を確認してみましょう。

①歯の周囲を覆う「ペリクル」と呼ばれる唾液由来の薄い膜に食べカスなどが付着

②歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊が歯の周囲に発生

③歯垢にカルシウムやリンが沈着して石灰化し、歯石となる

④歯と歯茎の隙間の歯周ポケットに歯石が溜まって歯茎が炎症を起こし、歯肉炎が発生

⑤さらに細菌が繁殖して歯茎の奥まで炎症が広がると歯周炎となる

①〜②は犬や猫に限らず私たち人間も同じく毎日口の中で発生している状況ですね。ここで歯磨きをすると③に進まずに済みます。しかしお口のケアをしない犬や猫は③に進んでしまう可能性が高く、しかも歯垢が歯石に変わる期間が犬の場合は3〜5日、猫は約1週間。まったく歯磨きをしなければ、ほとんどの犬や猫が歯周病になってしまうのも当然ですね。そして⑤まで進行してしまうと、人間と同様に歯がグラついたり痛みを伴ったりして食欲も落ち、内臓疾患などの感染症を引き起こす可能性もあります。

この進行を食い止めるには③に移行させないことが重要です。歯石は家庭ではケアすることができないので病院で歯石除去を行うほかありませんが、犬や猫の歯石除去は全身麻酔の手術になるため、体に大きな負担がかかります。②の段階で歯磨きを行うことは、犬や猫の健康を守るためにとても重要なのです。

小型犬、短頭種に歯周病が多いって本当?

小型犬、短頭種に歯周病が多いって本当?

猫と違って犬は種類によって顔の形も大きさもいろいろです。そのため、歯周病になりやすい犬種となりにくい犬種が存在します。

まずは小型犬。成犬になっても顎が小さいままですが、歯の大きさは大型犬とさほど変わらないため小型犬は歯がより密集して生えることになり、唾液による自浄作用が行き渡りにくく、汚れや細菌が溜まりやすいと言われています。

そしてフレンチブルドッグ、ボストンテリア、ボクサー、シーズー、パグ、チャウチャウ、狆などの短頭種は、上顎の犬歯より後ろの歯が横向きかつ密集して生えていることが多く、これもまた上記と同じ理由で歯周病になりやすく、また進行しやすくなります。

逆にイタリアングレイハウンド、ボルゾイ、ミニチュアダックスフントなどの長頭種は、切歯の間隔が狭いことから歯周病にかかると重症化しやすいのが特徴です。歯磨きを行う際にはこうしたポイントにも注意してやってあげるようにしましょう。

大切な犬猫の歯周病をケアしてくれるペット用ブリアン ラブリービーはこちら
ページのトップへ